• 今日20/12
  • 明日12/8
文字サイズ

10月は食品ロス削減月間です。家庭でも「おいしく楽しく食べきろう!」

6/27

東京都北区
記事本文を読み上げる

食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。区は10月30日の「食品ロス削減の日」を含む10月を食品ロス削減月間としています。一人ひとりが「もったいない」を意識し、工夫をすることで、家庭の食品ロスを減らしていきましょう。

(1)消費期限と賞味期限を正しく理解する
消費期限とは、「食べても安全な期限」であり、賞味期限とは、「おいしく食べることができる期限」です。賞味期限切れの食品はすぐに捨てずに、自分で食べられるかどうかの判断をすることが大切です。

(2)買い物は必要に応じて
買い物前に冷蔵庫をチェックし、必要な食品のみを買うことが大切です。また、購入後すぐに食べる食品は、商品棚の手前にある賞味期限が迫ったものを積極的に選ぶ「てまえどり」を意識しましょう。

(3)残さず使い切る
区ホームページでは、東京家政大学との連携事業で作成した「生ごみ削減レシピ」を公開しています。ぜひご活用ください。

(4)フードドライブの活用
区では家庭の未利用食品を回収し、区内子ども食堂等に提供するフードドライブを実施しています。まだ食べられる食品をぜひお持ちください。
対象食品:賞味期限まで2カ月以上あり、未開封で常温保存が可能なもの
受付窓口:
・富士見橋エコー広場館(田端5-16-1)午前10時~午後3時(水曜、祝日・年末年始を除く)
・北区清掃事務所(北区豊島8-4-3)午前8時~午後4時(日曜、年末年始を除く)

問合せ:リサイクル清掃課
【電話】3908-8538

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU