• 今日6/3
  • 明日10/4
文字サイズ

《特集》北区の新たな公園

2/19

東京都北区
記事本文を読み上げる

~あたらしい公園ってどんなところ?みんないっしょ!楽しくあそぼう!~
北区では、公園・児童遊園のあるべき姿を定めるとともに、「整備」「管理」「運営」の視点を踏まえた「北区公園総合整備構想」にもとづき、公園の整備を進めています。
今後さらなる魅力向上に向けて、公民連携による公園づくりを目指す花川区長にインタビューを行いました!

■花川区長へインタビュー-未来へ向けた公園づくり-
Q:今年度新しくオープンした公園について教えてください
A:令和4年4月に赤羽台けやき公園と滝野川三丁目公園がオープンしました。
赤羽台けやき公園の名称にもなったケヤキは、UR赤羽台団地があったころから植えられていたケヤキをシンボルツリーとして残したものです。これを模した大きなすべり台をはじめ、だれもが安心して快適に楽しめるようにインクルーシブ遊具や健康遊具、クッション材を敷いた幼児コーナー、夏場には噴水タイプの水遊びもでき、季節を通して楽しめる公園です。
滝野川三丁目公園は、高低差を活かして整備をした、空が広く見える気持ちの良い公園です。かまどベンチやマンホールトイレといった防災施設に加え、遊具も充実しています。

Q:花川区長のおすすめの遊具・設備を教えてください
A:北区には、飛鳥山公園や清水坂公園をはじめ、水遊びができる公園がたくさんあります。赤羽台けやき公園は、地面から水が噴き出すようになっていて、小さなお子さんでも水遊びを楽しめます。
最近、インクルーシブ遊具を取り入れる公園が増えてきました。インクルーシブ遊具とは、障害がある子どもも、ない子どもも一緒になって遊ぶことができる遊具です。赤羽台けやき公園にはブランコと砂遊び、滝野川三丁目公園にはブランコのインクルーシブ遊具が設置されています。

Q:今後の北区の公園整備について教えてください
A:花見の名所である飛鳥山公園は、公園の魅力をさらに高めるため、北区で初めてとなるPark-PFI(※)を活用して飲食施設の新設、新幹線がよく見えるデッキ広場周辺やトイレのリニューアルをする予定で、3月下旬のオープンを目指しています。豊島五丁目の荒川河川敷では、大規模な自然地「豊島五丁目荒川緑地」を整備中で、隣には、サッカーやラグビーもできる陸上競技場と少年野球場を備えた「豊島五丁目グリーンスポーツ広場」を今年秋のオープンに向けて工事を進めています。
また老朽化が進んでいる名主の滝公園の再生整備の計画があるほか、都の北学園の近くにも新しい公園整備を計画しています。この新しい公園整備に向けては、神谷小学校、神谷中学校の皆さんから要望をいただきましたので、小・中学生の意見も取り入れた楽しい公園を作って行きたいと思います。
※Park-PFI(公募設置管理制度)…公募により選定された民間事業者が、公園利用者の利便向上に資する飲食店などを設置し、当該施設から生ずる利益を活用して、その周辺の園路や広場などの整備・改修を一体的に行う制度

Q:公園管理に指定管理者制度を導入していますが、区民にとってはどんなメリットがありますか
A:公園には子どもからご高齢の方までさまざまな人たちが訪れます。北区では、区民サービスの向上を図るために、公園の管理・運営にあたる業務について、指定管理者制度を導入しています。現在、飛鳥山公園、清水坂公園、西ケ原みんなの公園、赤羽自然観察公園、荒川岩淵関緑地のバーベキュー場などで指定管理者が管理・運営にあたっています。
指定管理者制度の導入により、民間事業者のノウハウを活かして、日常的な管理や修繕などの迅速な対応が可能となります。また、公園利用者のニーズを的確に捉えたイベント開催や飲食提供などを柔軟に実施することにより、公園そのものの魅力が高まることが区民の皆さんへのメリットだと考えます。

花川区長、ありがとうございました!今後整備される北区の公園がますます楽しみになりました。
皆さんもぜひ、地域の憩いの場でもある公園へ、訪れてみてくださいね!

■赤羽台けやき公園
◇Access
赤羽台1-6-23
JR赤羽駅(西口)から徒歩約10分ほか

◇Point
切り株をモチーフにした造形遊具は、同時に滑れる大きなすべり台、クライミング、休憩スペースなどが一体となっている大型の遊具です。そのほか、宙を駆けるターザンロープやインクルーシブなブランコ、芝生エリアも人気!いろいろな楽しみ方を見つけてみてください♪

■滝野川三丁目公園
◇Access
滝野川3-52-1
都営地下鉄西巣鴨駅から徒歩約7分ほか

◇Point
令和4年4月にオープンしたばかりの南北に長くのびた公園は、遊具がある北エリアと広い草地が続く南エリアにわかれています。たくさんの動物が隠れている複合遊具やボルダリング付き複合遊具、ネット遊具、さまざまな世代の健康増進につながる健康遊具などがあり、どなたでも楽しめる場所です。また、マンホールトイレ、かまどベンチなど防災用の設備も充実しています!

■飛鳥山公園
◇Access
王子1-1-3
JR王子駅(中央口・南口)から徒歩約1分ほか

◇Point
飛鳥山は、上野・芝・浅草・深川とともに日本最初の公園に指定され、令和の現在も「憩いと出会い」の場として親しまれ続けている公園です。遊具広場にはお城の遊具、動物や船の遊具、都電や機関車の展示があり、電車を見下ろせる場所や新幹線がよく見えるデッキも人気のひとつ!高齢者、障害者、ベビーカー利用者でも気軽に登れる自走式モノレール方式の斜行昇降施設「あすかパークレール」もあり、子どもから大人まで存分に楽しむことができます♪

◇Check
江戸は八代将軍徳川吉宗のときから多くの人が集い親しまれてきた飛鳥山。サクラの名所であるとともに、線路沿いに潤いを加えるアジサイ、モミジやイチョウの紅葉で四季が彩られ、北区のランドマークとして愛される公園の一角には、渋沢栄一が晩年を過ごした邸宅跡の旧渋沢庭園もあります。また「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館」では、渋沢翁に関するオリジナル商品を販売しています。

皆さんが気持ちよく過ごせるよう、公園ではルールを守りましょう!

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU