• 今日21/13
  • 明日20/16
文字サイズ

人と動物の共生を目指して飼い主の責任とマナーを守りましょう

8/31

東京都北区
記事本文を読み上げる

~動物愛護週間~
9月20日(火)~26日(月)

■ペットを飼う前に家族で考えましょう
・ペットの一生を愛情と責任を持って面倒をみることができますか(犬やネコは十数年以上生きます)。
・ペットが飼える住まいですか。引っ越しの予定などありませんか。
・家族みんな賛成ですか。アレルギー体質の人など慎重な判断が必要な人はいませんか。
・毎日、ペットの世話に時間と手間をかけられますか。
・鳴き声やにおいなどで近隣トラブルになる場合があります。迷惑をかけないようしつけができますか。
・ペットを飼い続けることが困難になった場合、新しい飼い主を見つけることができますか。

■犬の飼い主さんへ
・頻繁に吠えたり、長時間吠え続けることがないよう、しつけをしましょう。
・放し飼いはせず、散歩のときは、リードをつけましょう。
・散歩の際は、トイレを家ですませ、散歩中にふんや尿をした場合は、忘れずに始末しましょう。
・登録の鑑札、注射済票は犬の首輪等に必ず付けましょう。迷子札の役目にもなります。
※犬が人をかんだら、保健所へ届出なければなりません。

■ネコの飼い主さんへ
・ネコは屋内で飼いましょう。
・不妊去勢の手術をしましょう。望まない繁殖を防ぐほか、発情期の鳴き声の抑制などが期待されます。
・最後まで責任を持って飼いましょう(ネコを捨てることは法律違反となり、罰則対象となります)。
・身元表示をしましょう。連絡先が明記してあれば、失踪した時等に、見つかりやすくなります。

■飼い主のいないネコへのエサやりについて
飼い主のいないネコへのマナーのないエサやりは、近隣住民への迷惑や飼い主のいないネコの増加につながります。近隣への配慮を行い、マナーを守りましょう。
(1)エサは適量を容器に入れ、立ち会って与えましょう。
(2)食べ残しや容器は必ず片付けましょう(食べ残しを放置すると、悪臭・害虫の発生や、鳥を寄せ付けることによるふん害等の原因となり、近隣に迷惑が掛かります)。
(3)ふん・尿を片付け、周辺を清掃しましょう。
(4)不妊去勢手術をしましょう。望まない繁殖によるトラブル等を防ぐことができます。

※マナーのないむやみなエサやりは、やめましょう。
※区では、予算の範囲内で飼い主のいないネコの不妊去勢手術費の一部助成をしています。また、不妊去勢手術等を実施することを要件としてネコの捕獲器の貸出を行っています。詳しくは、お問い合わせください。
※保健所ではネコの捕獲や保護は行っておりません。

問い合わせ:北区保健所生活衛生課生活衛生係
【電話】3919-0431

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU