• 今日21/13
  • 明日20/16
文字サイズ

北区と渋沢栄一翁ゆかりの地との連携が広がっています

1/27

東京都北区
記事本文を読み上げる

日本のあまねく場所で活躍した渋沢栄一翁。
北区のみならず各地にその足跡があり、新一万円札発行に向けて気運が高まっています。
北区では、全国の渋沢栄一翁ゆかりの地との更なる連携を進めています。

《東京北区渋沢栄一プロジェクト公式Twitterをフォローしませんか》
渋沢栄一翁に関連した北区の取り組みを発信しています。いっしょに東京北区渋沢栄一プロジェクトを盛り上げましょう!

■生誕の地である深谷市との連携
大河ドラマ「青天を衝け」の大河ドラマ館を両市区で共に盛り上げました。これを契機に両市区の交流も増えています。

■東京区政会館展示「3区で描く渋沢栄一新一万円札の顔 江東区・北区・板橋区」
日時:7月15日(金)から9月6日(火)まで 午前9時~午後8時30分(土曜のみ5時まで)(日曜・祝日休館)
会場:東京区政会館1階エントランスホール(千代田区飯田橋3-5-1)
新一万円札の発行に向け、渋沢栄一翁ゆかりの地である江東区・北区・板橋区の3区が合同でパネル等の展示を行います。
渋沢翁の生涯、事績、新一万円札についてや、各区と渋沢翁のゆかり、そのほか動画の放映やフォトスポットの設置を実施する予定です。
協力:国立印刷局

問い合わせ:シティプロモーション推進担当課
【電話】3908-1364

■公開歴史講座「飛鳥山渋沢邸と明治日本外交」
対象:区内在住、在勤、在学の中学生以上の方
日時:8月7日(日)午後2時~4時
会場:中央図書館3階ホール
内容:明治初期の厳しい国際環境の中で始めた渋沢栄一の国民外交。飛鳥山渋沢邸での「おもてなし」の政治的背景についてリアルに語ります。
講師:中央図書館地域資料専門員
定員:20名(抽選)
申込方法:往復はがき(「その他のお知らせ」の「はがき等の記入例」参照)で、7月20日(水)(必着)まで
※視覚障害のある方は電話申込可
※聴覚障害のある方はファクス申込可
※手話通訳が必要な方は事前にご連絡ください。
※会場にはヒアリングループ補聴援助システムが設置されています。

問い合わせ・申込先:〒114-0033 十条台1-2-5 中央図書館図書係
【電話】5993-1125【FAX】5993-1044

■「渋沢ゆかりの地首長会議」が開催され花川区長が出席しました
北海道清水町、岡山県井原市、深谷市、江東区、板橋区そして北区などさまざまな自治体が枠組みをこえ、新札発行に向けて志を新たにしました。

■渋沢×北区 飛鳥山 おみやげ館で渋沢栄一翁ゆかりの地の品物をお買い求めいただけます
渋沢栄一翁ゆかりの地の特産品を取り揃えています。そのほかにも好物であるオートミールを使った食品や、新一万円札関連商品など区内のお店が開発したおみやげも多数ご用意しています。
会場:飛鳥山公園(西ケ原2-16飛鳥山公園管理事務所内)
開館時間:午前11時~午後4時30分(月曜休館。祝日の場合は翌日休み)
※時期によって変更になる場合があります。

問い合わせ:(一社)東京北区観光協会
【電話】5390-1166
【HP】https://shibusawakitaku.tokyo/omiyage/

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU