• 今日6/3
  • 明日10/4
文字サイズ

住民税の徴収強化に取り組んでいます!~オール東京滞納STOP強化月間~

17/31

東京都北区
記事本文を読み上げる

「住民税」は子育て、教育、まちづくりなど、区民の皆さんにさまざまな行政サービスを提供するために欠かせない財源です。
区と東京都では、納税の公平性確保と安定した税収確保を目指して、12月を「オール東京滞納STOP強化月間」と位置づけています。

■強化月間の取り組み
滞納している方への催告強化、差押え、タイヤロック、捜索などの滞納処分の強化、インターネット公売の実施

■納付が困難な方へ
納税に困難な事情がある場合は、そのままにせず、ご相談ください。
また、12月4日(日)と11日(日)には、国民健康保険料なども併せた「ワンストップ納付相談」を開催します。
詳しくは、お問い合わせください。

■住民税を滞納すると
・督促状、催告書を送付します。また、納期限を過ぎると延滞金の計算が始まります。
・国税徴収法第141条に基づき、財産調査を行います。
・度重なる催告にもかかわらず、さらに滞納を放置する方に対して、納税している方との公平性を図るため、財産の差押えを執行し換価代金を滞納税に充当します。区では、令和3年度に、約2,700件の差押えを執行しています。

■差押えの対象となる財産
・預貯金…取引金融機関の調査を行い、法律で定められた金額を差押えます。
・給与債権…勤務先に給与支給額等の調査を行い、法律で定められた金額を差押えます。
・売掛・報酬債権…取引の相手先や発注元から受け取る売掛金、報酬などを差押えます。
・保険契約の解約返戻金など…契約している保険の解約返戻金などを差押えます。
・不動産…所有している不動産に差押登記を行います。自由に売買ができなくなるほか、区による公売となることもあります。
・動産…居宅の捜索を行い、換価価値のある動産を差押えます。
・自動車…所有する自動車の登録差押え、同時にタイヤロックが行われ使用が制限されます。

問い合わせ:収納推進課
【電話】3908-1129

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU