• 今日24/19
  • 明日24/18
文字サイズ

子育てするなら北区が一番

9/21

東京都北区
記事本文を読み上げる

◆麻しん(はしか)・風しん予防接種を受けましょう
麻しん(はしか)は感染力が強く、肺炎や脳炎などの合併症を起こしたり、死亡したりすることもあります。風しんは、妊娠早期にかかると赤ちゃんに心臓病、白内障、聴力障害などの障害を引き起こすことがあります。幼児期(1歳頃)に麻しん風しんの予防接種を受けた方も、長期にわたり発病を予防するのに十分な免疫(抵抗力)を得るには、2回の予防接種が必要です。
麻しん・風しん定期予防接種は、第1期(1歳時)と第2期(小学校入学前の1年間)の2回接種になっています。第1期の案内は1歳になる月の前月にお送りします。第2期の案内は3月末に発送しました。案内が届いたら、忘れずに予防接種を受けましょう。
接種方法:予診票と母子健康手帳をお持ちになり、協力医療機関(ご案内に添付した一覧表を参照)で受けてください。ワクチンは通常、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用しますが、麻しん単独、風しん単独のワクチンも使用可能ですので、そちらを希望される場合はお問い合わせください。

▽麻しん・風しん予防接種を2回受けていない方へ
下記に該当する場合は麻しん・風しん予防接種を全額公費負担で受けられます。
対象:
(1)2歳以上高校3年生相当の年齢までの方で麻しん・風しんにかかったことがなく、麻しん・風しん予防接種を未接種の方(定期予防接種の対象者を除く)
(2)小学校1年生から高校3年生相当の年齢までの方で麻しん・風しんにかかったことがなく、麻しん・風しん予防接種を2回受けていない方
接種方法:予診票をお渡ししますので、お問い合わせください。予診票と母子健康手帳をお持ちになり、区内協力医療機関(ご案内に添付した一覧表を参照)で受けてください。ワクチンは通常、麻しん風しん混合ワクチン(MRワクチン)を使用しますが、麻しん単独、風しん単独のワクチンも使用可能です。

=以下、共通=

問合せ:
保健予防課保健予防係【電話】3919-3104
王子健康支援センター【電話】3919-7588
赤羽健康支援センター【電話】3903-6481
滝野川健康支援センター【電話】3915-0184

◆こどもアレルギー個別相談
対象:お子さんのぜん息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎でお悩みの保護者
日時:5月13日(木)午後2時30分から
場所:北とぴあ8階808会議室
講師:東京慈恵会医科大学附属第三病院小児科診療部長 勝沼俊雄氏
定員:4名(申込順)
申込み:4月13日(火)午前9時から電話申込
問合せ・申込先:障害福祉課公害保健係
【電話】3908-9019

◆子どもの歯みがき教室(個別相談)
対象:区内在住で上下の前歯が生えている1歳前後のお子さんと保護者
内容:「歯ブラシや歯磨き剤の選び方」「仕上げ磨きを嫌がる時のお口の触り方」「コップはいつから」など、歯の生え方に応じて歯科衛生士がアドバイスします(1組約20分程度)。
申込み:電話申込
日時・場所・問合せ・申込先:下表のとおり

◆ぱくぱく子どもごはん講習会(個別相談)
対象:区内在住で令和2年4月~6月生まれのお子さんの保護者(保育なし)
日時:5月7日(金)午前10時~午後2時45分(1名30分程度)
場所:赤羽会館7階(赤羽南1-13-1)
内容:離乳食から幼児食へのステップアップ方法についてアドバイスします。
定員:20名(申込順)
申込み:4月20日(火)午前9時から電話申込
問合せ・申込先:赤羽健康支援センター
【電話】3903-6481

◆子育てセミナー
後援:北区教育委員会
子育てのストレスとうまく付き合う方法~親との関係性・あり方~
対象:区内在住の0歳~12歳のお子さんの保護者 ※お子さん連れ可。保育なし
日時:4月25日(日)午前10時~11時30分
場所:北とぴあ9階和室
講師:鶴川文子氏
定員:20名(申込順)
費用等:300円
申込み:電話申込
問合せ・申込先:家庭倫理の会 北区
山本【電話】080-1079-6895
庄司【電話】080-5652-3914

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

       

北区より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス 北区ニュース

MENU